メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 放射線診断科 > 研修を希望される皆さんへ

研修を希望される皆さんへ

放射線科の役割は、超音波検査、X線撮影やCT、核磁気共鳴検査(MRI)および核医学検査などを利用する画像診断、画像診断を応用した低侵襲性治療(インターベンショナルラジオロジー:IVR)、および放射線を使用して種々の疾患の放射線治療を行うことにあります。

放射線科領域専門制度では、放射線診断専門医または放射線治療専門医の育成の前段階として、放射線診断専門医および放射線治療専門医のいずれにも求められる放射線科全般に及ぶ知識と経験を一定レベル以上に有する「放射線科専門医」を育成することを目的としています。

国立国際医療研究センターは、放射線科専門研修のためのプログラム「国立国際医療研究センター放射線科専門研修プログラム」を設けています。本プログラムは、国立国際医療研究センター病院放射線科を専門研修基幹施設として、国立国際医療研究センター国府台病院放射線科を専門研修連携施設として加えた専門研修施設群を統括する専門研修プログラムです。専門研修基幹施設は日本医学放射線学会認定総合修練機関、専門研修連携施設は日本医学放射線学会認定修練機関としてそれぞれ認定されています。研修内容はCT、MRI、一般撮影、消化管診断、IVR、核医学、放射線治療が含まれます。放射線科専門研修では上記三分野をローテーションしながら、最終的に放射線科専門医・放射線診断専門医の受験資格と、合格に必要な経験と知識を習得することが出来ます。