メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 放射線診断科 > 診療のご案内

診療のご案内

当院の放射線診療部門は、専門領域により、放射線診断科、放射線核医学科、放射線治療科の三分野から構成され、いずれも放射線診療を行う上で欠かせない領域であり、互いに協力しながら日常診療を行っており、また、カンファレンス等を通して相互に連携を図っています。

放射線診断科の診療の中心は、いうまでもなく画像診断ですが、CT、MRIの断層診断はもとより、血管造影およびIVR、消化管透視、超音波検査などの全ての画像モダリティを用いることによる総合画像診断を行うことを最終目標としています。

当院では、下記のような疾患・病態の診断に力を入れています。

  1. 国際感染症の画像診断
  2. 種々の血管性病変(外傷性出血・喀血・吐血等)に対する救急画像診断
  3. 全身の悪性腫瘍に対する各種モダリティを用いた総合画像診断

当院では、下記のようなIVRに力を入れています。

  1. 骨粗鬆症や骨転移による胸腰椎圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術(cone-beam CTを利用)
  2. 肝腫瘍に対する動注化学塞栓療法(IVR-CTを利用)
  3. 血管性病変(内臓動脈瘤、仮性動脈瘤、AVM等)に対する経皮的動脈塞栓術
  4. CVポート留置術
  5. CTガイド下生検・ドレナージ(IVR-CTを利用)