メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 部門 > 薬剤部 > 製薬企業の皆様へ

製薬企業の皆様へ

 

医薬品情報担当者(MR)各位

 

国立国際医療研究センターにおける医薬品情報活動について(お願い)

 

2022年4月18日
国立国際医療研究センター病院
医薬品情報管理室長


(原 則)

 現在、院内への訪問を原則禁止とさせていただいております。医師等にやむを得ず面談を希望する際は、事前にアポイントをとり、Web面談等の非接触での対応を検討してください。ただし、医師等から面会の要請があった場合、又は特別な面会の用件がある場合には、マスク等を着用し、感染症対策を徹底の上での来院は容認します。

 薬剤部への情報提供は、ホスピタルコンプライアンスマネージメントジャパン株式会社のMONITARO-Lite(以下MONITARO)もしくは下記アドレスへの電子メールを介して行ってください。なお、薬剤部員より、資材提供の依頼があった際は原則郵送にて対応するようお願いします。

 連絡先:① MONITARO  NCGM DI室 宛
     ② 電子メール:pharmdi*hosp.ncgm.go.jp(*を@に変えてご連絡ください)



(担当者の登録方法)

 当院では、MONITAROの担当リストの各製薬企業担当者欄に下記の情報を入力していただくことで当院の担当者として登録しておりますので、必ず登録後に情報提供活動を開始してください

・お名前、お写真
・ご連絡先
・担当領域
・取扱商品
・学術問い合わせ連絡先

 なお、担当の交代があった際は、旧担当者は担当リストからの削除を、新担当者は担当リストに登録した旨をMONITAROの個別メッセージ機能を用いてご連絡ください(NCGM DI室宛)。



 (院内訪問活動記録入力のお願い)

 原則、現在は院内への訪問をご遠慮いただいておりますが、前述の例示のごとく特段の理由で院内での情報提供活動を行った際には、情報提供先の如何にかかわらず、必ずMONITARO NCGM DI室の「訪問結果」欄に活動内容(日時、面談相手、面談目的等)の登録をお願いします。また、来院時は、病院入口(総合案内)にて記名をし「入館許可証」を受け取り、ご自身の社員証とともに見えるように携帯していただきますようお願いします(昨年度まで実施していた、来訪時の薬剤部での「登録証」の配布は廃止いたしました)。



(薬剤部への情報提供)

 当医薬品情報管理室では、広く医薬品情報を収集することに努めております。当院での採用薬についてはもちろんのこと、必要に応じて当院非採用薬においても、貴社製品に関する速やかな情報提供をお願いします。


(製品情報)

 製品に関する以下の情報提供は速やかに前述の連絡先へ行っていただくようお願いします。

    1)承認事項及びその改訂に関する情報
    2)製品概要、添付文書、インタビューフォーム等の改訂時にその内容について
    3)包装・表示変更、販売中止等に関する情報
    4)製品の不具合、供給制限、回収情報等の案件で緊急性が高いと想定される場合には、迅速に前述の連絡先へのメールおよび電話にてご連絡ください。(連絡先:03-3202-7181 代表)



(医薬品の適正使用に関する情報)

 製品に関する情報以外に、医薬品の適正使用に関する情報提供は、原則前述の連絡先に適宜貴社発行のレター等の電子媒体を添付の上でご提供ください(社内規定等でメール添付が難しい場合にのみ、紙媒体の郵送での情報提供をご検討ください)。また、当院の患者に関する情報で、医薬品の使用によって発生した副作用、感染症の情報を医師および当院スタッフより入手して聴き取り調査を実施し、貴社の安全管理部門へ報告された際は、速やかに当該事例の情報について当医薬品情報管理室までご連絡ください。



医薬品の院内スタッフに向けた宣伝活動の許可

 新規薬価基準収載等で、新薬等の情報提供を各診療科の医師に行う際は、事前に前述の連絡先にご連絡いただき、院内宣伝活動の許可を得てから行ってください。許可申請用の特段の書式等はありませんので、簡潔に当該医薬品の特徴(既存薬との差異等)を本文中に記載いただければ、当院での必要性を勘案した上で可否を判断してご返答します。すでに当院に採用されている薬剤の適応追加等に関しましては特段の許可なく宣伝いただいて結構です。



(新薬等のヒアリング)

 当薬剤部では、新規薬価基準収載等の新薬および既承認薬の適応追加等の情報提供について、必要に応じてWeb面談形式のヒアリングを実施しています。ヒアリングは、医師からの採用申請があった場合や、薬剤部であらかじめ詳細な情報収集が必要と判断した際に、当薬剤部から貴社に要請して実施することを原則としています。 下記にヒアリング実施に係る概要を示します。

<ヒアリング>
    時 間:質疑応答込み30分程度(目安)
    時 期:要相談になりますが、概ね薬価収載後で、添付文書・インタビューフォーム・医薬品リスク管理計画(RMP)・適正使用ガイド、および患者説明用資材等が準備された段階
    資 料:郵送にて事前送付を希望(アポイント時に別途個別に必要資料およびその数量等をお知らせします)



医薬品情報提供活動の適正化

 医薬品情報提供活動は、院内ルールに基づき実施されるものであり、院内ルールが遵守されない事例、苦情等の非紳士的な対応が目立つ場合には、該当製薬企業に対して一切の院内活動を停止する処置を執ることがありますので、ご承知おきください。


2022年4月18日改正