メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > センター > 救命救急センター > スタッフ紹介

スタッフ紹介

氏名・役職主な経歴・学位専門分野・
主な認定資格
コメント

きむら あきお
木村 昭夫

救命救急センター長
臨床研究者育成部門長
救急科医

木村 昭夫(きむら あきお)

  • 岐阜大学医学部卒業
  • 医学博士
  • 日本医科大学救急医学講師
  • 当施設に勤務
  • 岐阜大学客員教授
  • 救急医学
  • 外傷学
  • 救急科専門医
  • 日本救急医学会指導医・評議員
  • 外傷専門医
  • 日本外傷学会専門医・評議員
  • ICLSコースディレクター
24時間365日、様々な社会のニーズを満たす救急医療の実践を、スタッフ一同とともに、目指してまいります。

ささき りょう
佐々木 亮

救急科診療科長
第二救急科医長
7階東病棟医長

佐々木 亮(ささき りょう)

  • 山形大学医学部卒業
  • 国立国際医療センター研修医
  • 国立国際医療センターレジデント
  • 川口市立医療センター救命救急センター医師
  • 現職
  • 救急医学
  • 救急科専門医
  • 日本救急医学会指導医
  • 外傷専門医
  • 日本DMAT隊員
  • JATECインストラクター

救急の仕事と家庭を両立させることは大変ですが、良質な仕事をするためにはプライベートの充実やワークライフバランス達成も必要と考えているので、育児(娘二人)や趣味(山スキー)にも頑張っております。

いながき たけし
稲垣 剛志

総合診療科診療科長
第一総合医診療科医長
医療教育部門・副部門長(併任)

稲垣 剛志(いながき たけし)

  • 東京大学医学部医学科卒業
  • 聖隷浜松病院初期臨床研修医
  • 国立国際医療センター救急科レジデント
  • 現職
  • 救急医学
  • 救急科専門医
  • 日本DMAT隊員
  • ICLSコースディレクター
私たちは患者さん一人ひとりの価値観を尊重し、患者さんに寄り添い、悩んでいらっしゃる症状に対する解決方法を身体面・精神面の区別なくあらゆる角度から探ります。そのためには総合的な医師であると同時に、総合的な教養と豊かな感性を持つ人であることも求められます。私たちは人を育て、良質な医療を提供して、国民の幸福に役立ちたいと考えます。

はぎわら あきよし
萩原 章嘉

第一救急科医長

萩原 章嘉(はぎわら あきよし)

  • 東京医科大学卒業
  • 医学博士
  • 杏林大学病院救急医学教室講師
  • 防衛医科大学救急部講師
  • 現職
  • 救急医学
  • 外傷学
  • 救急科専門医
  • 日本救急医学会指導医・評議員
  • 外傷専門医
  • 日本外傷学会専門医・評議員
救急医学の醍醐味は、迅速な診断と適切な治療にあります。この診断と治療が、つむぎ糸のように巧くもつれ合う事で、患者さんは救命されるのでしょう。現 在、救急医学は、急激に進化し拡大しています。災害医学から外傷医学まで広い知識が必要とされます。すべてを網羅することは至難と思います。しかし、救急 患者を救命するという目的はすべての分野に共通することで、ここに救急医学の面白さがあると確信し診療を続けています。

こばやし けんたろう
小林 憲太郎

救急科医師

小林 憲太郎(こばやし けんたろう)

  • 徳島大学医学部医学科卒業
  • 国立国際医療センター研修医
  • 国立国際医療センター救急科レジデント
  • 現職
  • 救急医学
  • 救急科専門医
  • クリニカルトキシコロジスト
  • 日本中毒学会評議員
  • 日本DMAT隊員
  • ICLSワークショップディレクター

救急医療を通して少しでも地域社会に貢献出来ればと考え、日々働いています。その為には自分の健康管理も非常に重要であることを強く感じている今日この頃です。

さとう たくのり
佐藤 琢紀

救急科医師

佐藤 琢紀(さとう たくのり)

  • 東北大学医学部卒業
  • 国立国際医療研究センター研修医
  • 国立国際医療センター救急科レジデント
  • 南多摩病院救急循環器科医師
  • 国立国際医療研究センター病院救急科フェロー
  • 現職
  • 順天堂大学大学院生
  • 救急医学
  • 集中治療医学
  • 救急科専門医
  • ICLSコースディレクター
  • NST認定医師
医療を受ける状況というのは決して好ましい状況ではなく、特に重症な方や急を要するような方が多く来られ、100%の満足や納得ができる選択肢を与 えられることが少ない救急外来では尚更です。そのような状況下での未来の選択には、病状を含めた置かれている現状に対する理解が、何より重要ではないかと 考えます。救急外来に来ざるを得なかった皆様が、よりよい選択を行えるよう、全ての面で精進して参ります。

うえむら たつき
植村 樹

救急科医師(集中治療科兼任)

植村 樹(うえむら たつき)

  • 札幌医科大学医学部卒業
  • 国際医療研究センター研修医
  • 国際医療研究センター救急科レジデント
  • 救急医学
  • 救急科専門医
  • 集中治療専門医
  • ICLSコースディレクター
  • JPTECインストラクター
救急での仕事は社会とつながっていて色々なことを思い感じる日々です。救命センターでの診療や研究など仲間と共に日々頑張っています。若輩者ですが、知っている限りの知識や技量を後輩に伝えたいと思っています。オフの日は遠出して山登りなどアウトドアに出かけています。

ながしま あやこ
長島 彩子

国府台病院救急科医師

長島 彩子(ながしま あやこ)

  • 福島県立医科大学医学部卒業
  • 国際医療研究センター研修医
  • 国際医療研究センター救急科レジデント
  • 救急医学
  • 救急科専門医
  • ICLSコースディレクター
救急医療という性質上、仕事がつらい事も多々ありますが、患者さんを救命したときの喜びが、このつらさをぬぐい去ります。人を幸せにできる、病気や けがで苦しんでいる患者さんを助けられる、救急医になれるよう精進しています。好きな言葉は『清く正しく美しく』、好きな場所は新宿伊勢丹です。

ひろせ けいか
廣瀬 恵佳

救急科医師
総合診療科医師

廣瀬 恵佳(ひろせ けいか)

  • 福島県立医科大学医学部卒業
  • 国立国際医療研究センター研修医
  • 救急医学
  • 救急科専門医
  • ICLSコースディレクター
愉快で頼もしい仲間や先輩たちと、救急医療を通して、現在の日本の現状を肌で実感しています。今の私に出来ることは少ないですが、苦しみを少しでも和らげることが出来れば幸です。まずは、患者さんに寄り添えるよう、日々精進していきます。

まつだ わたる
松田 航

救急科医師

松田 航(まつだ わたる)

  • 札幌医科大学卒業
  • KKR札幌医療研究センター研修医
  • 救急医学
  • 救急科専門医
  • ICLSインストラクター
故郷、北海道を離れて約3年が経ちます。東京は、私に救急医療の重要性を実感させます。そして、自分の技量や知識の足りなさを痛感する日々です。求められる医療が提供できるよう、誠実に着実に頑張ります。一人前の救急医になまでは津軽海峡を渡りません。

やまもと まきこ
山本 真貴子

救急科フェロー

山本 真貴子(やまもと まきこ)

  • 昭和大学医学部卒業
  • 沖縄県立南部医療センター初期研修医
  • 救急医学
  • ICLSインストラクター
救急医療を通じ、患者さんの苦痛や不安を少しでもやわらげることができるよう、周りの方々に支えていただき日々精進してまいります。たくさんの患者さんを通じて、多くのことを学ばせていただき地域医療に貢献できれば幸いです。

ふかの けんたろう
深野 賢太朗

救急科レジデント

  • 東北大学医学部卒業
  • 仙台市立病院初期研修医
  • 仙台市立病院後期研修医
  • 救急医学
  • 内科認定医
2017年4月より当院で勤務しております。救急外来での初療・コンサルト、入院患者の診療を行っております。東京の救急医療に貢献するべく、患者様を第一に考え日々診療をしております。        

わたなべ あきの
渡邉 愛乃

救急科レジデント

  • 山梨大学医学部医学科卒業
  • 山梨大学医学部附属病院 臨床研修医
  • 山梨大学医学部付属病院集中治療部 医員
  • 救急医学
  • 集中治療医学
疾患の境界がない救急医療はまさに一期一会です。一つでも多くのことを学び誰にとっても「出会えて良かった」存在になりたいと思っています。

おおたけ なるあき
大竹 成明

救急科レジデント

  • 信州大学医学部卒業
  • 国立国際医療研究センター病院研修医
  • 救急医学
 

たきい けんと
滝井 健人

救急科レジデント

  • 名古屋大学医学部卒業
  • 国立国際医療研究センター病院研修医
  • 救急医学
 

しばさき たかとし
柴崎 貴俊

救急科レジデント

  • 弘前大学医学部卒業
  • 横浜労災病院初期臨床研修医
  • 救急医学
突然の病気や怪我で困っている患者さんのお力になれるよう、また少しでも地域の救急医療に貢献できるように日々精進していきたいと思います。

ふくだ ゆう
福田 有

救急科レジデント

  • 大阪教育大学附属池田高校
  • 信州大学医学部
  • 救急疾患
日々全力で診療に当たらせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ふなと ゆうみ
船登 有未

救急科レジデント

  • 東京大学医学部卒業
  • 国立国際医療研究センター病院研修医
  • 救急医学
救急の現場が多くの患者さんの人生の転帰となっているのを感じ、この道に魅せられました。沢山学び吸収し、多くの方を救えるよう頑張ります。

やまもと ようすけ
山本 陽介

救急科レジデント

  • 杏林大学医学部卒業
  • 河北総合病院初期研修医
  • 救急医学
2018年4月から救急医として勤務しています。日々経験を積み、多くの方を救える医師になるべく精進してまいります。

きたはら まなぶ
北原 学

救急救命士

北原 学(きたはら まなぶ)

 
  • JPTECインストラクター
チームワークを大切にして安全で良質な医療の提供に貢献したいと思います。また、救急隊の方々との連携を深め、救急隊と病院との橋渡しとなっていきます。体力づくり励行!

たなべ まさひで
田邉 昌英

救急救命士

田邉 昌英(たなべ まさひで)

    患者様が来院された際は同じ目線となって苦痛・不安を和らげられる様努力し、地域の救急医療に貢献出来るよう日々精進致します。休日は大型バイクに乗ったりしてリフレッシュしています。

やなぎさわ なつき
柳澤 那津希

救急救命士

柳澤 那津希(やなぎさわ なつき)

    毎日多くの患者様が来院し、日々刺激的で勉強になります。この日々の経験を活かし、救命士の実習生が多くのことを学べるような環境づくりをしていきたいです。

あおい ゆさ
青井 由紗

救急救命士

青井 由紗(あおい ゆさ)

    めまぐるしく過ぎていく毎日ですが、優しさと笑顔を絶やさないよう心掛けています。志を共にする素敵で愉快な仲間たちと、救急医療に貢献出来るようこれからも精進していきたいと思います。

ほりうち こうへい
堀内 康平

救急救命士

堀内 康平(ほりうち こうへい)

    医師、看護師と協力して救急外来の安全管理に努めています。

おおば さおり
大場 早央里

救急救命士

     

このページに関する問い合わせ先

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院
救命救急センター

〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1
電話番号: 03-3202-7181 ファックス番号 : 03-3207-1038

救命救急センター長/救急総合診療部門長 木村昭夫
Email : akimura@hosp.ncgm.go.jp