メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 部門 > 中央検査部門 > 各検査部門 > 病理検査部門

病理検査部門

病理検査部門の仕事

病理検査室では、臨床各科から提出される組織検体の病理学的診断や細胞検体の細胞学的診断、病理解剖を実施しています。病理診断は病変の最終診断となり、治療方針や手術の可否決定など、重要な役割を担っています。

組織診断

  • 乳癌のヘマトキシリン・エオジン染色(×40)

    乳癌のヘマトキシリン・エオジン染色(×40)

  • 乳癌の免疫染色(HER2タンパク)(×40)

    乳癌の免疫染色(HER2タンパク)(×40)

患者さんから提出された組織の一部から標本を作製し、顕微鏡観察を行って病気の診断を行います。手術で切除された組織や、内視鏡検査や針を刺し採取される組織に対し、どのような種類の病変なのか、腫瘍が存在の有無などを診断しています。一般的なヘマトキシリン・エオジン染色に加え、特殊染色、免疫染色、蛍光抗体染色など様々な染色を実施し、最終診断を行っています。

細胞診断

  • 子宮頸部(正常)パパニコロウ染色(×40)

    子宮頸部(正常)パパニコロウ染色(×40)

  • 子宮頸部(軽度異形成)パパニコロウ染色(×40)

    子宮頸部(軽度異形成)パパニコロウ染色(×40)

子宮頸部・体部等から直接塗抹された標本や、喀痰、尿、体腔液等の検体から作製した標本に一般的なパパニコロウ染色に加え、いくつかの特殊染色を実施し、顕微鏡観察により悪性細胞がいないかどうかスクリーニングします。

病理解剖

死因の究明・治療効果などの判定し、今後の医療の質向上のため、ご遺族の承諾のもとに行われます。

病理診断の報告書には病変の肉眼写真や組織像や細胞像の画像が添付されており、病院の全端末から病理報告書から閲覧が可能です。これらの画像は患者様への説明などに用いられています。

  • 仕事1
  • 仕事2
  • 仕事3

機械の紹介

  • VENTANA BenchMark-ULTRA

    VENTANA
    BenchMark-ULTRA

病理学的診断に非常に有用な免疫染色、蛍光免疫染色、in situ Hybnridization(ISH)を全自動で実施できます。