メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 部門 > 放射線診療部門 > 最新CT・MRI/シンチPET/放射線治療

最新CT・MRI/シンチPET/放射線治療

全身用CT撮影装置

当院は2010年8月の新棟開設に伴い、全身用CTを新規に4台導入しました。

全身用CT

320列 (エリアディテクタ・CT)

この装置は最大16センチメートルの範囲を一回転で、撮影することが可能なため、頭部血管や不整脈のある心臓CTに有効です。

エリアディテクタ・CT

Discovery CT750HD(GE)

128列 (デュアルソースCT)

この装置は128列の検出器をもつ管球が2台搭載されており、約60センチメートルの広範囲をわずか2秒で撮影できるなど全身を高速に撮像することが可能です。そのため息止めが難しい小児やご高齢の患者さんに有効です。
また3台のうち時間分解能が最も良いため高心拍の心臓でも撮影が可能です。

デュアルソースCT

SOMATOM Difinision Flash(SIEMENS)

64列 (デュアルエナジーCT)

他の2台と比較し列数は少ないものの、最も被ばくが少なくかつ高分解能な画像を得る事ができます。
多種多様の検査が可能であるため、どなたにも満足できる画像を提供できると考えております。

デュアルエナジーCT

Aquilion ONE(TOSHIBA)

磁気共鳴断層撮影(MRI)装置

磁気共鳴断層撮影

2010年8月の新棟移転に伴い特徴の異なった3台のMRIを導入しました。
検査時間短縮・画質向上はもちろんのこと、脳の詳細な検査を希望する場合には3T-MRIで、大きな音が苦手な方には、最も音が小さいMRI装置で検査いたします。
当センターでは、患者さんの状態に合わせて最適な装置を選択して検査できます。

MAGNETOM Verio (SIEMENS) MAGNETOM Avanto (SIEMENS) EXCELART Vantage Atlas (TOSHIBA)
MAGNETOM Verio
(SIEMENS)
MAGNETOM Avanto
(SIEMENS)
EXCELART Vantage Atlas
(TOSHIBA)

CT・MRI等の詳細については放射線診断または放射線技術部門より参照できます。

核医学検査(PET・SPECT)内用療法

シンチグラム検査

当院は骨、心筋(負荷、安静、MIBG交感神経等)をはじめとして肺血流、腎動態、脳血流、など各種検査を全般的にご紹介を承っております。
現在、ガンマカメラ装置2台が稼働(うちl台はSPECT/CT装置)しており、最新の診断情報を提供することが可能です。

内用療法

ストロンチウム、ゼヴァリンを用いた治療(内用療法)も実施しています。

  • メタストロン(89Sr) 治療
  • ゼヴァリン・イットリウム(90Y) 治療

PET検査

当院ではPET-CTが2台稼働しており、腫瘍診断を主としたFDG-PET検査の他に脳腫瘍診断に適したllC-メチオニン等の検査も承っております。

FDG-PET保険適用について(平成22年4月改訂)

llC-メチオニン、人間ドック等

現在は保険適応ではないため自費で検査を受けて頂くことになります。(llC-メチオニン)
当院の人間ドックはFDG-PET検査をオプションで選択することもできます。

放射線治療

強度変調放射線治療、脳定位照射、体幹部呼吸同期定位照射、前立125I小線源治療などの最新の放射線治療を行っています。

このページに関する問い合わせ先

CT/MRI検査 画像検査受付 電話番号:03-5273-5244 ファックス番号:03-5273-6833
RI検査 核医学検査室受付 電話番号:03-5273-6881 ファックス番号:03-5273-5251