メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 放射線治療科

放射線治療科

トップ画像
top2
top3


放射線治療科は、”安全・安心” ”高精度” ”短い待ち時間” の放射線治療を、多くの患者様にご提供する事を最優先に日々努力を続けております。

ご挨拶

st

 がん治療において、適切な放射線治療を安全かつ正確に実施することを担うのが、放射線治療科です。放射線治療は、放射線を体の外から照射してがん細胞の遺伝子に傷をつけることによりがんを絶滅させる治療法です。がん治療に関わる診療科のほとんどは治療対象の臓器ごとに分けられています。放射線治療科はこの治療法を基軸として、横断的に多種多様のがん腫の治療に関わることが特徴で、他の診療科と共同して治療に加わります。放射線治療専門医の処方に基づいて、放射線に関する高度な知識・技術をもつ診療放射線技師により日々の照射が実践されます。照射中は放射線治療を受ける患者さんの看護に詳しい看護師が医師とともに対応します。患者さんのご案内や手続きなどは事務担当者が対応します。このチームにより円滑な放射線治療の実施、治療効果の向上を目指し一人でも多くの方に治療のご提供をさせて頂いております。

放射線治療科のご紹介

15


 国立国際医療研究センター病院の放射線治療科は、以下のスタッフにて日々の臨床業務を行っています。放射線治療医師(日本医学放射線学会放射線治療専門医)、診療放射線技師、医学物理士、放射線治療品質管理士、看護師、受付事務員にて構成され、日々の放射線治療業務に従事しています。
  また、高精度放射線治療が可能なリニアックを用いており、特に、都内では希少な15MV-X線を有しています。これにより、体の奥底の病気に対する放射線の集中性を得ることが出来、前立腺IMRTなどは得意とする照射方法です。

 

放射線治療をご希望の方に

当科では、治療開始までの待ち時間を短く、迅速な治療提供を行っております。例えば乳房や肺などに対する照射は治療計画の次の日から開始することが出来ます。さらに、頭や肺に対するピンポイント照射(定位放射線治療)は3日後に。前立腺や頸部などの複雑な部位に対する高精度治療のIMRTは次の週には開始することが可能です。より多くの患者様に高精度の治療をご提供することをコンセプトに、スタッフ一同お待ち申し上げております。また日々の治療時間についても患者様のご希望を最優先に、治療時間を決めさせて頂いておりますので、なんなりとご相談ください。

放射線治療についてのお問い合わせ先
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院
(代表)電話番号03-3202-7181放射線治療受付(内線)2640

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
午前:9-11時 午前:9-11時   午前:9-11時 午前:9-11時
午後:13-15時 午後:13-15時   午後:13-15時 午後:13-15時


放射線治療受付に電話で予約して頂くと、比較的お待たせずに診察可能です。まずは、ご連絡ください。

tel2


*国立国際医療連携室の地域医療連携受付
             03-3202-8066 からも
   お問い合わせをお受け致しております。

 

 

tel3

 

おしらせ