メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 市民公開講座のご案内 > 生活習慣病教室

生活習慣病教室

生活習慣病とは、食生活、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が原因、もしくはその進行にかかわる疾病の総称です。主な生活習慣病としては高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞、がん などがあり、日々の生活習慣の改善が病気の発症や進行予防に重要です。当センターでは、2002年(平成14年)4月より生活習慣病教室を開始しました。一つの部門では対応できない生活習慣病に対して、センターを挙げて取り組もうというものです。この教室では生活習慣病について理解を深め、よりよい生活習慣を身につけていただくことを目的に各科・各部門のスタッフがお話をさせていただきます。ご興味のおありの方はどなたでも、お気軽にご参加ください。

当センターに入院・外来通院の有無にかかわらず、ご参加を歓迎しております。

  • 生活習慣病教室1
  • 生活習慣病教室2

日程・場所については下記をご覧ください。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

国立国際医療研究センター 生活習慣病教室 担当まで(内線2130)
平日午前10時から午後4時まで