メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 医療の質評価 QI (Quality Indicator)

医療の質評価 QI (Quality Indicator)

臨床指標とは、医療の質を具体的な数値としてあらわしたもので、単なる診療実績とは必ずしも一致しません。指標ごとに算定のための定義式があり通常1年ごとに測定される数値です。これにより医療の質すべてが客観的に評価できるというわけではありませんが、項目ごとに年次比較することにより、その施設の医療の質に対する取り組みの一端が可視化されるものと考えます。そこで今回は、医療になじみのない皆様にもご理解いただけるように、経営面に関する指標と診療面に関する指標(日本医療機能評価機構による)を選定し、ここに公開することにいたしました。今後もわれわれは医療の質の向上に真摯に取り組み、皆様の健康維持に少しでも貢献できれば、と考えております。

2018年8月8日
国立国際医療研究センター病院QIC委員会

医療の質評価 QI (Quality Indicator)

病院経営指標・臨床指標 (Clinical Indicator)

病院経営指標・臨床指標2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
病床数(床) 801 801 781 781 781
平均在院日数(日) 14.1 14.4 13.4 13.6 13.5
入院患者数(名) 237,244 247,108 246,277 241,811 235,314
新入院患者数(名) 15,848 16,031 17,269 17,756 17,446
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数         
病院経営指標・臨床指標2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
外来患者数(名) 415,671 422,063 432,910 440,445 450,350
新外来患者数(名) 33,864 35,567 35,611 37,250 39,589
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数
病院経営指標・臨床指標2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
紹介率 72.2%(旧基準) 99.5% 103.9% 101.0% 103.6%
逆紹介率 72.2%(旧基準) 69.5% 70.1% 73.4% 70.2%

※紹介率
 分子:紹介患者の数+救急用自動車によって搬入された初診患者の数
 分母:初診患者数(休日又は夜間受診した患者を除く)

入院患者数、新入院患者数、平均在院日数
病院経営指標・臨床指標2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
医療従事者数(名) 1,164 1,220 1,353 1,401 1,434
健康診断受診率 99.5% 100% 99.9% 99.9% 99.8%
職員の喫煙率 9.6% 9.2% 9.1% 7.9% 7.2%
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数
※職員:医療従事者、事務職、技術職、研究職を含む

病院機能評価における医療の質指標 (Quality Indicator)

病院機能評価における医療の質指標2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
JQ-1 Ⅱ度以上の褥瘡の新規発生率 0.05% 0.05% 0.07% 0.03% 0.04%
JQ-2 退院後6週間以内の予期せぬ再入院率 5.0% 4.6% 4.4%
JQ-3 24時間以内の再手術率 0.07% 0.14% 0.12%
JQ-4 術後の肺塞栓発生率 0.07% 0.18% 0.08%
JQ-5 入院患者のパス適用率 42.0% 43.7% 46.8% 44.7% 41.4%
JQ-6 急性脳梗塞患者に対する早期リハビリテーション開始率 56.5% 55.8% 80.5% 94.8% 84.7%
JQ-7 人工膝関節全置換術患者の早期リハビリテーション開始率 84.8% 86.4% 92.5% 98.0% 97.0%

JQ-1.Ⅱ度以上の褥瘡の新規発生率 

※2015年度より医療関連機器圧迫創傷を除く

分子:Ⅱ度異常の褥創の発生件数
分母:延入院患者数

 2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
Ⅱ度以上の褥創の発生件数 111 110 167 77 101
延入院患者数 237,244 247,108 246,277 241,811 235,314
Ⅱ度以上の褥瘡の新規発生率 0.05% 0.05% 0.07% 0.03% 0.04%
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数

JQ-2.退院後6週間以内の予期せぬ再入院率

分子:DPC様式1の再入院理由種別が予期せぬ再入院の患者数
分母:年度の全入院患者数 

 2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
DPC様式1の再入院理由種別が予期せぬ再入院の患者数 760 702 731
全入院患者数 15,134 15,276 16,555
退院後6週間以内の予期せぬ再入院率 5.0% 4.6% 4.4%
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数

JQ-3.24時間以内の再手術率

分子:予定外の再手術件数
分母:総手術件数

 2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
予定外の再手術件数 3 7 6
総手術件数 4,600 4,926 5,119
24時間以内の再手術率 0.07% 0.14% 0.12%
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数

JQ-4.術後の肺塞栓発生率

分子:術後の肺塞栓発生件数
分母:総手術件数 

 2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
術後の肺塞栓発生件数 3 9 4
総手術件数 4,600 4,926 5,119
術後の肺塞栓発生率 0.07% 0.18% 0.08%
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数

JQ-5.入院患者のパス適用率

分子:パス適用入院患者数
分母:全退院患者数

 2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
パス適用入院患者数 6,662 6,990 8,085 7,935  7,232 
全退院患者数 15,845 15,993 17,269 17,756 17,491 
入院患者のパス適用率 42.0% 43.7% 46.8% 44.7%  41.4%
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数

JQ-6. 急性脳梗塞患者に対する早期リハビリテーション開始率 

分子:分母のうち、入院してから4日以内にリハビリテーションが開始された患者数
分母:急性脳梗塞(発症時期が3日以内)の退院患者のうち、リハビリテーションが実施された退院患者数

 2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
分母のうち、入院してから4日以内にリハビリテーションが開始された患者数 70 67 91 147 127
急性脳梗塞(発症時期が3日以内)の退院患者のうち、リハビリテーションが実施された退院患者数 124 120 113 155 150
急性脳梗塞患者に対する早期リハビリテーション開始率 56.5% 55.8% 80.5% 94.8% 84.7%
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数

JQ-7. 人工膝関節全置換術患者の早期リハビリテーション開始率

分子:分母のうち、術後4日以内にリハビリテーションが開始された患者数
分母:人工膝関節全置換術が施行された退院患者数

 2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度
分母のうち、術後4日以内にリハビリテーションが開始された患者数 56 70 86 96 97
人工膝関節全置換術が施行された退院患者数 66 81 93 98 100
人工膝関節全置換術患者の早期リハビリテーション開始率 84.8% 86.4% 92.5% 98.0% 97.0%
入院患者数、新入院患者数、平均在院日数