コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 部門 > 国際診療部 > 受診方法 > 訪日治療希望

訪日治療をご希望の方の受診方法

日本の健康保険を持たない海外居住の方が受診する場合

訪日治療可否相談の説明

当院では、海外に在住の患者さんが受診を希望される場合、受け入れが可能か否かを専門医が検討をします。患者さんのこれまでの検査や治療の状況について把握し、問題を整理するための時間と作業が必要であるため、当院では【相談料】を設定しています。
相談料の入金確認後、必要な関連資料をご提出頂いた場合、約2週間以内に回答をいたします。

【提出資料(必須)】

  1. 診療情報提供書[原本及び日本語または英語の訳文](PDF)
  2. 検査データ(画像以外)[原本及び日本語または英語の訳文](PDF)
  3. 画像データ(ある場合)拡張子をDICOMで保存し、CD-ROMで郵送して下さい。メールの添付や大容量ファイルURLからは受取れません。尚、郵送された資料は返却致しません。
    郵送先:〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1 国立国際医療研究センター国際診療部

【相談料】

1ケース 110,000円

【注意点】

  1. 本相談は海外からの受診可否を検討するためのものです。検討の結果、受診できないこともあります。
  2. 本相談では、医療情報を元に、受診可否の検討を行うことのみを目的としているので、検査や治療に関する助言などは含みません。
  3. 本相談の結果、受診できない場合であっても、患者さんの現在・今後について一切の責任を負うことはできません。

【当院からの回答】

  1. 当院で受け入れが難しい場合はその理由をお伝えします。
  2. 受け入れの際に条件がある場合は明記致します。

【受診の準備】

  1. 当院での受け入れが可能なケースであり、かつ実際の受診を希望される場合は、身元保証機関を通じて医療滞在ビザの発行準備が必要となります。
  2. 当院で行う予定の検査・治療の内容と、それにかかる期間を基に医療費の概算を出します。

問い合わせ先:
国際診療部 電話 03-6228-0749(平日9-16時)メール support@hosp.ncgm.go.jp 

訪日治療可否相談の申込手順

STEP 1

1)WEBからの申込書を提出する

2)メールによる下記書類の送付(送付先:support@hosp.ncgm.go.jp )

【提出書類】
診療情報提供書(原本及び日本語または英語の訳文)※
・検査データ(画像以外)

3) 郵送による送付
(送付先:〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1 国立国際医療研究センター国際診療部)
・画像データ(ある場合) 拡張子をDICOMで保存し、CD-ROMで郵送して下さい。

STEP 2

オンライン決済による相談料の支払 (110,000円)

申込者にメールでオンライン決済方法をご連絡致します。

STEP 3

訪日治療可否の連絡を受領

オンライン決済後、約2週間以内に結果を連絡致します。

当院での検討開始後にキャンセルをされても返金はできません。

医療費について

日本の健康保険がない場合には、日本の医療保険制度に基づいて設定された医療費の300%になります。

当院で受診になった場合、医療費の支払いの際に、この相談料は前金として含めて精算します。ただし、医療費が110,000円未満の場合、返金はありません。

海外より当センター病院での治療を目的で来られる患者さんと仲介者の方へ

当センター病院において、海外からの治療を受けられる患者さんに対して、診療を円滑に進めるためにも、以下の点を、患者さんと仲介者は必ずお守りくださるようお願いいたします。

  1. 当センター病院での診察、検査、治療が行われる場合には、概算を提示しますので、事前にお支払いください。
  2. 当センター病院での外来・入院に関しては、当センター病院での規則をお伝えしますので、必ず順守してください。
  3. NCGMセンター病院の医師の連絡先をご存じであっても、患者さんや仲介者は、その医師に直接、メールや電話などで連絡はしないでください。必ず、国際診療部医療コーディネーターにメール(support@hosp.ncgm.go.jp)でご連絡ください。

以上を順守していただけない場合は、当センター病院として対応をお断りさせていただきます。