メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > センター > 救命救急センター > 救命救急センター20年の歩み

救命救急センター20年の歩み

臨床

 国立国際医療研究センター病院の救急医療体制は、その前身である国立国際医療センターの緊急部(院内的には救急部)として、半年の準備期間の後、平成10年4月より開設され活動を開始いたしました。当初のスタッフは、常勤医2名、固定のレジデント2名、それにローテーション研修医/レジデントが数名であり、夜間・休日のみの診療活動でありました。救急部開設前には、年間2000件程度の救急車による搬送件数だったのが、平成11年度以降は年間約6000件となるまで増加しました。

 平成11年8月からは、東京消防庁における三次救急指定施設に加わったのを期に、三次救急患者も含め終日受け入れるようになり、重症例が全救急患者の11~14%に増加いたしました。また平成14年9月より常勤医の増員が1名認められました。昼間の救急外来に救急病棟から2名の看護師が確保され、終日救急車による搬送患者を救急部医師が救急外来の処置室で診療することが可能となりました。 平成14年12月の病棟再編成を期に、7階南病棟を救急部病棟兼経過観察病棟(20床)とし、独立した看護単位(看護師24名)を持つことが可能となりました。夜間の救急入院患者は、小児、産婦および個室を希望する患者を除き原則的に救急病棟に収容され、翌日各病棟に転棟するというシステムを開始いたしました。 
  年次推移

 平成22年8月から新病棟移転に伴い、2つの蘇生室、6つの2次救急患者対応の診療ブース、6つ初期救急患者対応診察室、感染隔離用陰圧室、除染室、CT並びに単純X撮影室を備えた救急外来センターがオープンしました。また同時に、7階東病棟に12床の集中治療スペースを含む30床の救急患者に特化した病棟がオープンし、9月からは救命救急センターの認可も獲得しました。これに呼応して平成22年度より救急車台数が急激に増え、平成29年度までの8年間は、11000件/年以上の救急車搬送患者を受け入れており、東京都で最も救急車を受け入れている施設となっており、全国でも5本の指に入る数となりました。

 平成25年4月からは4対1の看護体制が確立し、救急専属医師も15名(その内約半数が救急科専門医)の体制となり、救急専属の救急外来コーディネーターや医療ソーシャルワーカ―、病棟薬剤師も配置されるようになり多職種の医療体制が整いました。平成23年度から区西部東京ルールの地域救急医療センターとなり、平成24年度からは、都で唯一の身体合併症を伴う精神疾患搬送困難例に対応する中核病院として認可を受けました。平成22年からは、総合診療科が、平成27年からは集中治療科が、救命救急センターの所管となりました。平成28年の病院機能評価において、救急医療がS評価を受け、付加機能として救急医療機能も認定されました。さらに平成30年度の救命救急センターの充実度でもS評価を獲得しました。平成23年の東日本大震災ではDMAT隊を宮城県に派遣し、その後NCGM全体の活動として長期にわたり同県東松島市を支援いたしました。

教育

 平成13年度からは、救急医学を専攻する研修医の採用が開始され、将来の救急部を担う若手救急医の独自に教育する道が開かれました。平成18年度からは救急科専門医取得を目指すレジデントプログラムがほぼ確立し、平成30年度からは日本専門医機構の救急科領域研修基幹病院として毎年定員4名の医師を受け入れていくことになりました。現在、日本救急医学会指導医指定施設、日本外傷学会専門医研修施設、日本集中治療医学会専門医研修施設の認定を受けています。また、順天堂大学と大学院提携により博士号取得の道も開かれました。 Off the Job Trainingとしては、アジアに先駆けwhole task simulatorを導入し、OSCE形式の教育も開始いたしました。平成14年より、毎月施設内医療従事者を対象にImmediate Cardiac Life support (ICLS)コース開催を始め、現在は全職員に対してBasic Life Support(BLS)を毎週開催しおります。平成14年にはJapan Advanced Trauma Evaluation and Care (JATEC)が当施設で産声を上げ、平成29年からは、Japan Expert Trauma Evaluation and Care (JETEC)も当施設にて開催が始まりました。看護師対象のJNTEC研修コースや病院前救護のJPTEC研修コースも当院で開催しており、外傷診療の全国的な向上への貢献を継続しております。またPoint of Care超音波の講習会も積極的に開催しております。

国際医療協力

 近年急速に救急医療へのニーズが高まってきているアジアの国々を中心に活動をしてきております。日本国際協力機構のプロジェクトを通じて、平成12年よりベトナムのハノイ市にある国立バクマイ病院の救急部設立に深く関与し、地方への適正技術移転・同国の医療従事者を当施設に招いてカウンターパート研修等を行い、約10年貢献してまいりました。その後は、NCGM開発研究事業や展開推進事業としてラオスのビエンチャン市において外傷予防や外傷診療訓練、患者登録システムの普及を行い、カンボジアでは病院前救急診療の強化指導を行ってきております。更に平成28年からはモンゴル国において、救急医療教育の向上を目指した研修システム作りに関与しております。

臨床研究

 以下に主要英語論文を次項に提示します。ほとんどが直近の10年間に執筆され、当初は生命を脅かす疾患の見逃し回避や外傷の国際医療関連の観察研究が主でありましたが、最近ではRandomized Control Trialsも積極的に行うようになってきました。

<主要論文業績>
  1. Kimura A, et al. Moderate hypothermia delays proinflammatory cytokine produaction of human peripheral blood mononuclear cells. Crit Care Med 30: 1499-1502, 2002.
  2. Nakahara S, et al. Feasibility of standardized injury surveillance and reporting: a comparison of data from four Asian nations. Inj Prev, 14: 106-112, 2008.
  3. Nakahara S, et al. The potential for essential trauma care to empower communities and tackle inequities. World J Surg, 32: 1203-1207, 2008.
  4. Kato H, et al. Cervical spinal cord injury without bony injury: A multicenter retrospective study of emergency and critical care centers in Japan. J Trauma, 65: 373-379, 2008.
  5. Kimura A, et al. Introductory adult cardiac life support course for Vietnamese healthcare workers. Resuscitation. 79:511-512, 2008.
  6. Nakahara S, et al. Evaluation of trauma care resources in health centers and referral hospitals in Cambodia. World J Surg. 33:874-85, 2009.
  7. Nakahara S, et al. Exploring referral systems for injured patients in low-income countries: a case study from Cambodia. Health Policy Plan. 25:319-327, 2010.
  8. Hagiwara A, et al. A prospective, multicenter, observation of hemodynamic reactions following initial fluid therapy of patients with hemorrhagic shock from blunt trauma. J Trauma, 69: 1161-1168, 2010.
  9. Nakahara S, et al. Population strategies and high-risk-individual strategies for road safety in Japan. Health Policy. 100: 247-255, 2010.
  10. Nakahara S, et al. Simplified alternative to the TRISS method for resource-constrainedsettings. World J Surg. 35; 512-519, 2011.
  11. Nagata T, et al. Trauma center accessibility for road traffic injuries in Hanoi, Vietnam Journal of Trauma Management & Outcomes 5: 11-18, 2011.
  12. Kimura A, et al. The development of simple survival prediction models for blunt trauma victims treated at Asian emergency centers. Scandn J Trauma Resusc Emergy Med 20:9, 2012.
  13. Hagiwara A, et al. Efficacy of semiquantitatively measured serum procalcitonin as a guide to cessation of antibiotic therapy in septic patients. J Infect 65: 187-9 2012. Epub. Mar 29, 2012.
  14. Kimura A, et al. Modification of the trauma and injury severity score (TRISS) method provides better survival prediction in Asian blunt trauma Victims. World J Surg 36: 813-818, 2012.
  15. Hagiwara A, et al. Using fibrin degradation products level to facilitate diagnostic evaluation of potential acute aortic dissection. J Thromb Thrombolysis. 35: 15-22, 2013.
  16. Kimura A, et al. Whole-body computed tomography is associated with decreased mortality in blunt trauma patients with moderate to severe consciousness disturbance: a multicenter, retrospective study J Trauma Acute Care Surg, 75: 202-206, 2013.
  17. Ichikawa M, et al. Roadside observation of secondary school students’ commuting to school in Vientiane, Laos Int J Inj Contr Saf Promot. 2013 Oct 18. [Epub ahead of print] 22:111-5, 2015
  18. Tsujimoto T, et al. Vital signs, QT prolongation, and newly diagnosed cardiovascular disease during severe hypoglycemia in type 1 and type 2 diabetic patients. Daibetic care, 37: 217-225, 2014.
  19. Nakao S, et al. Trauma airway management in emergency departments: a multicentre, prospective, observational study in Japan. BMJ Open, Feb 4; 5:e006623, 2015.
  20. Hagiwara A, et al. Monitoring variations in stroke volume enables precise evaluation of fluid resuscitation in patients with septic shock on pressure support ventilation. Austin J Emergency & Crit Care Med., 2: 1012, 2015.
  21. Tsujimoto T, et al. Effectiveness of prior use of beta-blockers for preventing adverse influences of severe hypoglycemia in patients with diabetes: an observational study. Medicine. 94: e1629, Sep 2015.
  22. Wada T, et al. Road traffic injury among child motorcyclists in Vientiane Capital, Laos: a cross-sectional study using a hospital-based injury surveillance database. Int J Inj Contr Saf Promt 24: 152-157, 2017.
  23. Ohta S, et al. Sustainable Training-Model Development Based on Analysis of Disaster Medicine Training. Journal of Disaster Research. 10: 900-918, 2015.
  24. Hayakawa M, et al. High D-dimer levels predict a poor outcome in patents with severe trauma, even with high fibrinogen levels on arrival: a multicenter retrospective study. Shock. 45: 308-14, 2016
  25. Wada T, et al. Early lactate clearance for predicting active bleeding in critically ill patients with acute upper gastrointestinal bleeding: a retrospective study. Intern Emerg Med. 11: 737-43, 2016.
  26. Phommachanh S, et al. Student motorcyclists' mobile phone use while driving in Vientiane, Laos. Int J Inj Contr Saf Promot. 20:1-6, 2016.
  27. Hagiwara A, et al. Can early aggressive administration of fresh frozen plasma improve outcomes in patients with severe blunt trauma? -a report by the Japanese Association for the Surgery of Trauma. Shock. 45: 495-501, 2016.
  28. Endo A, et al. Development of novel criteria of the "Lethal Triad" as an indicator of decision making in current trauma care: a retrospective multicenter observational study in Japan. Crit Care Med. 44(9): e797-803. 2016.
  29. Kimura A, et al. New clinical decision rule to exclude subarachnoid haemorrhage for acute headache: a prospective multicenter observational study. BMJ open 6: e010999, 2016.
  30. Hagiwara A, et al. Can recombinant human thrombomodulin increase survival among patients with severe septicinduced disseminated intravascular coagulation: a single-centre, open-label, randomised controlled trial. BMJ Open 6: e012850, 2016.
  31. Nakamura Y, et al. Fibrinogen level on admission is a predictor for massive transfusion in patients with severe blunt trauma: Analyses of a retrospective multicentre observational study. Injury 48(3):674-679. 2017
  32. Kudo D, et al. The impact of preinjury antithrombotic medication on hemostaticinterventions in trauma patients. Am J Emerg Med 35:62-65, 2017
  33. Suzuki T, et al. A survival prediction logistic regression models for blunt trauma victims in Japan. Acute Medicine & Surgery 4:52-56, 2017.
  34. Sun KM, et al. Comparison of Emergency Medical Services and Trauma Care Systems Among Pan-Asian Countries: An International, Multicenter, Population-Based Survey. Prehosp Emerg Care 21:242-251, 2017.
  35. Kushimoto S, et al. Efficacy and safety of a 4-factor prothrombin complex concentrate for rapid vitamin K antagonist reversal in Japanese patients presenting with major bleeding or requiring urgent surgical or invasive procedures: a prospective, open-label, single-arm phase 3b study. Int J Hematol 106:777-786, 2017.
  36. Kong SY, et al. Pan-Asian Trauma Outcomes Study (PATOS): Rationale and Methodology of an International and Multicenter Trauma Registry. Prehosp Emerg Care. 22: 58-83, 2018
  37. Kimura A, et al. Reverse shock index multiplied by Glasgow Coma Scale score (rSIG) is a simple measure with high discriminant ability for mortality risk in trauma patients: an analysis of the Japan Trauma Data Bank. Crit Care. 11; 22: 87, 2018.
  38. Inagaki T, et al. Development of a new clinical decision rule for cervical CT to detect cervical spine injury in patients with head or neck trauma. Emerg Med J. 0; 1-5 2018.
  39. Yamamoto M, et al. Study protocol for single-center, open-label, randomized controlled trial to clarify the preventive efficacy of electrical stimulation for muscle atrophy after trauma. Trials. 14; 19: 490, 2018.