メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 形成外科

形成外科
トップ画像

形成外科ご紹介

2017年7月よりリンパ浮腫外来(月曜日午前)・再建外科外来(金曜日午前)が開設されます。詳しくはリンパ浮腫外来ホームページおよび再建外科外来ホームページをご覧ください。

受診予約の受付は2017年6月より開始となります。
電話予約には他医療機関からの紹介状(診療情報提供書など)が必要となります。
紹介状をお持ちでない初診の患者さんの電話予約は受け付けておりません。
大変お手数ですが、他医療機関より紹介状をお受け取りの上、予約センター(03-3202-7494または7495)にご連絡いただきますようお願い申し上げます。

当科は平成5年に当院がナショナルセンター化された時に開設しました。診療は皮膚外科、顔面外傷、先天的な身体の変形といった形成外科一般に加えてマイクロサージャリーによる再建手術も行っています。スタッフは2名で外傷を含めると年間300例前後の手術数となります。

連携医の先生方からは皮膚腫瘍や軟部腫瘍などの切除目的でのご紹介をいただくことが多いのですが、画像検査等が必要でない場合は2~3週間以内に手術予定を組むように努めております。

また新鮮外傷についても手術中でない限り迅速に対応いたしますのでご連絡いただきたいと存じます。

形成外科は何をする科ですか?

「体の表面とその近くの軟部組織の変形を手術的に治す外科の一分野」と言えます。身体の目に見える部分を扱うため、その結果の”見た目”が機能と同様に重要となり、より正常な状態に近づけるための技術や経験が必要になります。取り扱う疾患は広い範囲になるのですが、大きく次の4つに分けられます。

  • 先天性の変形 (生まれながらの形態異常、あざなど)
  • 外傷 (顔のケガや骨折、手指・四肢の外傷や手術後の瘢痕、熱傷の治療)
  • 腫瘍の切除と再建 (皮膚腫瘍、軟部腫瘍、大きな組織欠損や悪性腫瘍切除後の再建)
  • 美容外科

美容外科について

豊胸術やしわとりといった美容手術は、当院では行っておりません。しかし、あざやほくろ、まぶたの手術など、一般に美容手術で行われているものでも、状態によっては保険で行えるものがあります。まずはご相談のうえ診察をお受けください。