メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 精神科 > 研究実績・活動実績 > 2015年度発表論文等一覧

2015年度発表論文等一覧

原著論文-英文

原著論文-和文

  1. 飯田 敏晴.
    エイズ相談・検査利用の「利益性」「障がい性」認知の概念化の試み 受検経験による違い.
    山梨英和大学紀要. 14:6-77, 2016.
  2. 飯田 敏晴, 井上 孝代, 貫井 祐子, 高橋 卓巳, 今井 公文, 伊藤 紅, 山田 由紀, 青木 孝弘, 岡 慎一.
    HIV感染の治療過程で自殺企図を繰り返した在日外国人-チーム医療における多文化間カウンセラーの役割をめぐって.
    こころと文化. 14(2):147-158, 2015.
  3. 大友 健, 飯田 順子.
    ラテンアメリカ系ニューカマーである母親の日本への適応過程.
    こころと文化. 15(1):66-76, 2016.
  4. 関 由賀子.
    過剰な自己省察(内省傾性)について-「思考障害」ははたして思考の障害か.
    臨床精神医学. 44:67 3-680, 2015.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Mizuno H, Kimura M, Honda M, Nagai S, Iida T.
    Help seeking related research in Japan.
    University of Canberra, Australia, Mar, 4, 2016.
  2. Imai K, Iida T, Yamamoto M, Komatsu K, Nukui Y, Yoshizawa A, Sone H, Kitakaze N, Otomo K, Nakano Y.
    Psychological and Mental Health Problems in Patients with Thalidomide Embryopathy in Japan.
    International Symposium on thalidomide embryopathy. 東京, Nov, 2015.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 飯田 敏晴, 田中 瑞恵, 小松 賢亮, 佐々木 真里, 川崎 洋平, 菊池 嘉, 岡 慎一, 七野 浩之.
    HIV母子感染6例における認知機能の特徴.
    第29回日本エイズ学会学術集会・総会. 東京, 12月, 2015.
  2. 飯田 敏晴.
    エイズ相談利用の利益性・障がい性認知に関する研究-エイズ検査の受検経験による違い.
    第79回日本心理学会大会. 9月, 2015.
  3. 飯田 敏晴.
    エイズ相談利用の利益性・障がい性認知に関する研究-利用者の意識調査から.
    第28回日本健康心理学会大会. 東京, 8月, 2015.
  4. 飯田 敏晴.
    転院時「卵を運んでいる」と述べた中年男性との面接過程-HIV/AIDS診療における心理臨床家の役割をめぐって.
    第15回日本外来精神医療学会. 東京, 7月, 2015.
  5. 李 弘道, 渡辺 亮平, 岡 文恵, 高橋 卓巳, 加藤 温, 関 由賀子, 今井 公文.
    自閉症スペクトラム障害に抗NMDA受容体抗体脳炎の合併が疑われた1例.
    第28回日本総合病院精神医学会総会. 徳島, 11月, 2015.
  6. 関 由賀子.
    初期統合失調症の自生記憶想起-横断的・縦断的諸相と臨床的意義.
    第13回サロン・ド・ゑびす. 司法精神医学研究会, 東京, 1月, 2016. 
  7. 曽根 英恵, 中野 友貴, 永嶋 茜, 小松 賢亮, 山本 茉樹, 北風 菜穂子, 吉田 博美, 舟木 玲, 大島 佳奈, 落合 治, 高橋 卓巳, 加藤 温, 関 由賀子, 飯田 敏晴, 今井 公文.
    有床総合病院精神科における入院集団精神療法の試み-チーム医療の意義と今後の課題.
    第28回日本総合病院精神医学会総会. 徳島, 11月, 2015.
  8. 曽根 英恵.
    看護者が元気になる今日からできるリラクゼーション.
    日本精神科看護協会, 東京, 12月, 2015.
  9. 渡辺 亮平, 李 弘道, 高橋 卓巳, 関 由賀子, 今井 公文, 加藤 温, 新井 哲明, 阿久津 博義.
    頭蓋咽頭腫摘除術後に出現した易怒性や過食に抑肝散が有効であった1例.
    第28回日本総合病院精神医学会総会. 徳島, 11月, 2015.

著書・総説

単行本-和文

  1. 飯田 敏晴.
    トピック12 老老介護.
    現代社会と応用心理学6. クローズアップ 高齢社会, 日本応用心理学会企画, 内藤哲雄, 玉井寛編集, 福村出版, 2015.
  2. 今井 公文.
    晩発性と比較した若年性Alzheimer病の特徴, HIV感染症, 神経梅毒.
    こう読む認知症原因診断のための脳画像-内科系と脳外科の診断流儀-. 松田博史, 朝田隆編集, ぱーそん書房, 67-69, 203-206, 219-222, 2015.
  3. 関 由賀子.
    初期統合失調症.
    精神科治療学. 30増刊号:精神科治療における処方ガイドブック, 「精神科治療学」編集委員会編集, 星和書店, 60-63, 2015.

その他

競争的資金獲得状況

  1. 飯田 敏晴.
    厚生労働科学研究費補助金 エイズ対策研究事業『HIV母子感染児における神経学的予後についての研究(2013年度-2015年度)(研究代表者:田中瑞恵)』研究分担者.
  2. 飯田 敏晴.
    日本学術振興会科学研究費助成金研究 若手(B)『エイズ相談の利用を促進する予防的介入方法の開発と評価(2014年度-2017年度)』研究代表者.