メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 神経内科 > 研究実績・活動実績 > 2015年度発表論文等一覧

2015年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Naito T, Arai N, Takeuchi S.
    Exclusion of Isolated Cortical Swelling Can Increase Efficacy of Baseline Alberta Stroke Program Early CT Score in the Prediction of Prognosis in Acute Ischemic Stroke Patients Treated with thrombolysis.
    J Stroke and Cerebrovascular Dis. 24(12):2754-2758, 2015.
  2. Sato K, Hida A, Kameyama M, Morooka M, Takeuchi S.
    Reduced 123I Ioflupane Binding in Bilateral Diabetic Chorea Findings With 18F FDG PET, 99mTc ECD SPECT, and 123I MIBG Scintigraphy.
    Clin Nucl Med. 41(6):481-482, 2016.

原著論文-和文

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Kodama S, Arai N, Yasaka K, Takeuchi S.
    Lateralization of ictal tachycardia in patients with symptomatic epilepsy.
    The 22nd World Congress of Neurology. Santiago, Chile, Nov, 2015.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 新井 憲俊.
    当院のてんかん診療の現状.
    てんかん学術講演会. 東京, 10月, 2015.
  2. 佐藤 謙一郎, 肥田 あゆみ, 新井 智之, 大森 亜希, 亀山 征史, 諸岡 都, 新井 憲俊, 竹内 壯介.
    糖尿病を背景にbilateral choreaを発症した64歳男性例 -核医学的検討から-.
    第215回日本神経学会関東・甲信越地方会. 東京, 12月, 2015.
  3. 大森 亜希, 佐藤 謙一郎, 肥田 あゆみ, 新井 憲俊, 竹内 壯介, 泉 玲子, 柳瀬 幹雄.
    ダクラタスビル・アスナプレビルによるC型慢性肝炎治療中に、白質脳症を発症した71歳女性例.
    第216回日本神経学会関東・甲信越地方会. 東京, 3月, 2016.

著書・総説

その他