メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 糖尿病内分泌代謝科 > 糖尿病内分泌代謝科「内分泌外来」のお知らせ

糖尿病内分泌代謝科「内分泌外来」のお知らせ

内分泌疾患とは「ホルモンの異常」や「内分泌臓器の腫瘍」による病気のことです。私達の身体の中には体内の環境を一定の良好な状態に保つための"ホルモン"が何種類も存在します。これらのホルモンは脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、膵臓、副腎、性腺などの"内分泌臓器"で作られます。ホルモンのバランスに異常が生じると体内環境が乱れ、糖尿病、高血圧、高脂血症、カリウム・カルシウムなど電解質の異常が起こります。多くの内分泌疾患は早期に発見し早期に治療すると治癒やします。血液・尿検査や画像検査で発見できる場合がありますので、疑わしい場合は内分泌外来で御相談ください。

主な内分泌疾患

視床下部・下垂体疾患 下垂体腫瘍、プロラクチノーマ、高プロラクチン血症、先端巨大症、クッシング病、尿崩症、下垂体機能低下症、成人成長ホルモン分泌不全症など
甲状腺疾患 甲状腺腫瘍、橋本病、バセドウ病、亜急性甲状腺炎、その他の甲状腺機能異常など
副甲状腺疾患 副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症など
副腎疾患 副腎腫瘍、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、副腎癌、先天性副腎皮質過形成、アジソン病など
二次性高血圧 副腎性高血圧、腎血管性高血圧など
性腺疾患 ターナー症候群、クラインフェルター症候群など
膵・消化管内分泌疾患 インスリノーマ、神経内分泌腫瘍など

※当院で施行している内分泌領域の主な検査・治療

  • 下垂体MRI、下垂体機能検査(内分泌負荷試験)
  • 甲状腺・副甲状腺超音波検査、バセドウ病に対するアイソトープ治療
  • 副腎皮質シンチグラフィー、副腎機能検査(内分泌負荷試験)、副腎静脈サンプリング
  • 副腎髄質MIBGシンチグラフィー、褐色細胞腫に対する化学療法・集学的治療
  • オクトレオスキャン
  • 下垂体・甲状腺・副腎などのホルモン補充療法

など

内分泌《初診外来》:水曜日9時から10時
内分泌《再診外来》:火曜日午前・午後、木曜日午後、金曜日午後

尚、これ以外の診察日についても随時受け付けておりますので御相談ください。
診察予約の詳細は予約センターまでお問い合わせください。