メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 呼吸器内科 > 研究実績・活動実績 > 2015年度発表論文等一覧

2015年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Hojo M, Ohta K, Iikura M, Hirashima J, Sugiyama H, Takahashi K.
    The impact of co-existing seasonal allergic rhinitis caused by Japanese Cedar Pollinosis (SAR-JCP) upon asthma control status.
    Allergol Int. 64(2):150-155, 2015.
  2. Iikura M, Hojo M, Koketsu R, Watanabe S, Sato A, Chino H, Ro S, Masaki H, Hirashima J, Ishii S, Naka G, Takasaki J, Izumi S, Kobayashi N, Yamaguchi S, Nakae S, Sugiyama H.
    The importance of bacterial and viral infections associated with adult asthma exacerbations in clinical practice.
    PLoS One. 10(4):e0123584, 2015.
  3. YamazakiH, Sakai R, Koike R, Miyazaki Y, Tanaka M, Nanki T, Watanabe K, Yasuda S, kurita T, Kaneko Y, Tanaka Y, Nisioka Y, Takasaki Y, Nagasawa K, Nagasawa H, Tohma S, Dohi M, Sugihara T, Sugiyama H, Kawaguchi Y, Inase N, Ochi S, Hagiyama H, Kohsaka H, Miyasaka N, Harigai M; PREVENT Study Group.
    Assessment of risks of pulmonary infection during 12 months following immunosuppressive treatment for active connective tissue diseases: a large-scale prospective cohort study.
    J Rheumatol. 42(4):614-22, 2015.
  4. Mori T, Burhan E; participants in third meeting of Asian TB Experts Community: Karuniawati A, Kamada A, Roa C, Chuchottaworn C, Setyanto DB, Mustikawati DE, Manissero D, Burhan E, Ibrahim F, Suay Hong G, Narendra G, Jiang G, Kim HJ, Zhu J, Takasaki J, Wang J, Kam JK, Soontornmon K, Gao L, Zhu L, Kawamura ML, Gao M, Kaswandani N, Nishikiori N, Pispati P, Soepandi P, Brostrom R, Gupta R, Mitarai S, Kato S, Lee SC, Lu S, Tripathy S, Mori T, Potharaju V, Luk WK, Ning W, Zhang Z, Meng Y, Deng Y, Bakar ZA.
    Supporting progress towards the post-2015 targets and regional tuberculosis elimination: a statement of intent from the third meeting of the Asian TB Experts Community.
    Eur Respir J. 45(6):1760-1762, 2015.
  5. Yanagihara K, Kadota J, Aoki N, Matsumoto T, Yoshida M, Yagisawa M, Oguri T, Sato J, Ogasawara K, Wakamura T, Sunakawa K, Watanabe A, Iwata S, Kaku M, Hanaki H, Ohsaki Y, Watari T, Toyoshima E, Takeuchi K, Shiokoshi M, Takeda H, Miki M, Kumagai T, Nakanowatari S, Takahashi H, Utagawa M, Nishiya H, Kawakami S, Kobayashi N, Takasaki J, Mezaki K, Konosaki H, Aoki Y, Yamamoto Y, Shoji M, Goto H, Saraya T, Kurai D, Okazaki M, Niki Y, Yoshida K, Kawana A, Saionji K, Fujikura Y, Miyazawa N, Kudo M, Sato Y, Yamamoto M, Yoshida T, Nakamura M, Tsukada H, Imai Y, Tsukada A, Kawasaki S, Honma Y, Yamamoto T, Ban N, Mikamo H, Sawamura H, Miyara T, Toda H, Sato K, Nakamura T, Fujikawa Y, Mitsuno N, Mikasa K, Kasahara K, Sano R, Sugimoto K, Asari S, Nishi I, Toyokawa M, Miyashita N, Koguchi Y, Kusano N, Mihara E, Kuwabara M, Watanabe Y, Kawasaki Y, Takeda K, Tokuyasu H, Masui K, Negayama K, Hiramatsu K, Aoki Y, Fukuoka M, Magarifuchi H, Nagasawa Z, Suga M, Muranaka H, Morinaga Y, Honda J, Fujita M.
    Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for Clinical Microbiology in 2010: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility.
    J Infect Chemother. 21(6):410-420, 2015.
  6. Morita H, Arae K, Unno H, Miyauchi K, Toyama S, Nambu A, Oboki K, Ohno T, Motomura K, Matsuda A, Yamaguchi S, Narushima S, Kajiwara N, Iikura M, Suto H, McKenzie AN, Takahashi T, Karasuyama H, Okumura K, Azuma M, Moro K, Akdis CA, Galli SJ, Koyasu S, Kubo M, Sudo K, Saito H, Matsumoto K, Nakae S.
    An Interleukin-33-Mast Cell-Interleukin-2 Axis Suppresses Papain-Induced Allergic Inflammation by Promoting Regulatory T Cell Numbers.
    Immunity. 43(1):175-186, 2015.
  7. Setoguchi Y, Izumi S, Nakamura H, Hanada S, Marumo K, Kurosaki A, Akata S.
    Survey to determine the efficacy and safety of guideline-based pharmacological therapy for chronic obstructive pulmonary disease patients not previously receiving maintenance treatment.
    Expert Opin Pharmacother. 16(15):2271-2281, 2015.
  8. Kawase T, Naka G, Kubota K, Sakashita B, Takeda Y.
    NUT Midline Carcinnoma in Elderly Patients: Usefulness of 18F-FDG PET/CT for Treatment Assessment.
    Clin Nucl Med. 40(9): 764-765, 2015.
  9. Miyoshi S, Takeda Y, Ro S, Masaki H, Hojo M, Sugiyama H.
    Takotsubo Cardiomyopathy and Subsequent Seizures Induced by Flexible Bronchoscopy.
    Respir Care. 60(9):e151-154, 2015.
  10. Okuma Y, Tanuma J, Kamiryo H, Kojima Y, Yotsumoto M, Ajisawa A, Uehira T, Nagai H, Takeda Y, Setoguchi Y, Okada S.
    A multi-institutional study of clinicopathological features and molecular epidemiology of epidermal growth factor receptor mutations in lung cancer patients living with human immunodeficiency virus infection.
    J Cancer Res Clin Oncol. 141(9):1669-1678, 2015.
  11. Walsh SL, Calandriello L, Sverzellati N, Wells AU, Hansell DM; UIP Observer Consort: Jacob J, Devaraj A, Gavelli G, Nath H, Tashjian J, Tack D, Monostori Z, Johkoh T, Davies A, Zompatori M, Polverosi R, Sassani EV, R Ferretti G, Zafer Karaman C, Sergiacomi G, Franquet T, Garg K, Mannion R, Campos P, Karl R, Burrowes P, Quagliarini F, Norlen L, Murchison JT, Khalil A, Nayak SM, Nchimi A, Karabulut N, Larici AR, Matthews S, Castañer E, Arenas-Jimenez J, Drosten R, Egashira R, Lee HJ, Rossi S, Al-Raddadi M, Oikonomou A, Parkar AP, Brillet PY, de Paula WD, Medart L, Poschenrieder F, Pozek I, Senbanjo T, Marten-Engelke K, Euathrongchit J, Delaplain C, Cortese G, Soardi GA, Grgic A, Kanne J, Muller M, Bruzzi J, Jankowski A, Bozovic G, Goncalves A, Roos J, Vargas D, Elias M, Bradford-Kennedy D, Seaman D, Memauri B, Chaudhary H, Wong F, Alegria J, Guo HH, Prosch H, Cantin L, Serra G, Baratella E, Silecchia R, Icksan A, Wallis A, Damani S, Renapurkar R, Hare S, Ciello AD, Jung J, Silva M, Sonavane S, Thomas S, Beattie A, Kislinger B, Ca L, Shroff G, Gietema H, Weerakkody Y, Hobbs S, Izumi S, Kishaba T, Shiraki A, Waseda Y, Castoldi MC, Herpels V, Pais A, Matus R, Lubin E, Wilson B, Mueller M, Alzubaidi SA, Ortiz A, Sequeiros L, Bariga NB, Wills M, Mak SM, Aquaro G, Midia EC, Schembri N, Sheehan JA, Farrugia A, Tomich J, Garcia-Hierro JM.
    Interobserver agreement for the ATS/ERS/JRS/ALAT criteria for a UIP pattern on CT.
    Thorax. 71(1):45-51, 2016.
  12. Manabe T, Yamaoka K, Tango T, Binh NG, Co DX, Tuan ND, Izumi S, Takasaki J, Chau NQ, Kudo K.
    Chronological, geographical, and seasonal trends of human cases of avian influenza A (H5N1) in Vietnam, 2003-2014: a spatial analysis.
    BMC Infect Dis. 16:64, 2016.
  13. Kobayashi T, Morino E, Takasaki J, Nagahara Y, Sugiyama H.
    Nontuberculous Mycobacterial Osteomyelitis in Human Immunodeficiency Virus-Negative Patients: A Case Series.
    Jpn J Infect Dis. 69(2):149-150, 2016.

原著論文-和文

  1. 飯倉 元保, 放生 雅章, 路 昭暉, 塩沢 綾子, 高澤 郁夫, 小林 このみ, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    日本人2例の重症持続型気管支喘息患者に対する気管支サーモプラスティ施行経験に基づいた報告.
    気管支学. 37(4):450-457, 2015.
  2. 平嶋 純子, 竹田 雄一郎, 正木 晴奈, 放生 雅章, 杉山 温人.
    乳癌系血清腫瘍マーカーが高値を呈し免疫組織染色で産生を確認できた器質化肺炎の1例.
    日本呼吸器学会誌. 4(4):283-287, 2015.
  3. 斉藤 那由多, 飯倉 元保, 千野 遥, 正木 晴奈, 放生 雅章, 杉山 温人.
    マクロライドの有効性を強制オシレーション法で経過観察した原発性線毛機能不全症例.
    日本呼吸器学会誌. 4(6):444-448, 2015.
  4. 河合 利尚, 渡辺 信之, 横山 みどり, 中澤 裕美子, 後藤 文洋, 内山 徹, 前川 貴伸, 樋口 昌孝, 放生 雅章, 小野寺 雅史.
    慢性肉芽腫症に合併した肺間質性肉芽腫に対するサリドマイド治療.
    小児リウマチ. 6(1): 11-6, 2015.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Hojo M, Iikura M, Hirashima J, Suzuki M, Izumi S, Sugiyama H.
    A Comparison of Anti-inflammatory Effect of Once-daily Fluticasone Furoate/Vilanterol 200/25 with Twice-daily Fluticasone Propionate/Salmeterol 500/50 in Severe Asthmatics.
    2015 American Thoracic Society International Conference. Denver, USA, May, 2015.
  2. Kobayashi K, Ishii S, Kubota K, Iikura M, Takeda Y, Hojo M, Sugiyama H.
    Combination of Thoracoscopy Under Local Anethesia and FDG-PET/CT for Pleural Effusion of Unknown Etiology.
    2015 American Thoracic Society International Conference. Denver, USA, May, 2015.
  3. Hojo M, Iikura M, Sugiyama H, Shirai H.
    The add-on effect of Tiotropium bromide to ICS/LABA combination inhaler for the patients with severe uncontrolled asthma.
    2015 Europe Respiratory Society International Conference. Amsterdam, Netherlands, Sep, 2015.
  4. Shiozawa A, Morino E, Takasaki J, Izumi S, Hojo M, Sugiyama H.
    Pulmonary Mycobacterium xenopi infection in Japan.
    2015 Europe Respiratory Society International Conference. Amsterdam, Netherlands, Sep, 2015.
  5. Morino E, Sano K, Ogawa R, Miyu K, Jin T, Haruhito S.
    Population pharmacokinetics of isoniazid and drug-induced hepatotoxicity in Japanese patients with pulmonary tuberculosis.
    2015 Interscience Conference of Antimicrobial Agent and Chemotherapy. San Diego, USA, Sep, 2015.
  6. Hojo M, Hirashima J, Iikura M, Sugiyama H.
    A Comparison of Anti-Inflammatory Effect of Once-Daily Fluticasone Furoate/Vilanterol 200/25 with Twice-Daily Fluticasone Propionate/Salmeterol 500/50 in Severe Asthmatics.
    20th Congress of Asia Pacific Society of Respirology. Kuala Lumpur, Malaysia, Dec, 2015.
  7. Takasaki J, Morino E, Shiozawa A, Nagahara Y, Hojo M, Sugiyama H.
    A case of laryngeal and tracheobronchial tuberculosis presenting hoarseness and persistent cough.
    20th Congress of Asia Pacific Society of Respirology. Kuala Lumpur, Malaysia, Dec, 2015.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 塩沢 綾子, 鈴木 学, 小林 このみ, 山本 章太, 髙澤 郁夫, 鈴木 英里子, 長原 慶典, 橋本 理生, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    入院加療を行った細菌性肺炎の起炎菌とCT画像所見の検討.
    第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京, 4月, 2015.
  2. 保坂 悠介, 泉 信有, 森野 英里子, 城臺 孝之, 小林 このみ, 鈴木 英里子, 髙澤 郁夫, 長原 慶典, 宮脇 太一, 路 昭暉, 的野 多加志, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 杉山 温人.
    ステロイドの全身投与に合併したHSV、CMV日和見混合感染症の2例.
    第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京, 4月, 2015.
  3. 正木 晴奈, 竹田 雄一郎, 路 昭暉, 三好 嗣臣, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    Best supportive care(BSC)のみで治療された非小細胞肺癌(NSCLC)患者の検討.
    第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京, 4月, 2015.
  4. 宮脇 太一, 仲 剛, 竹田 雄一郎, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院におけるEGFR-TKI既治療に対してのafatinibの有効性と安全性の検討.
    第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京, 4月, 2015.
  5. 大熊 裕介, 味澤 篤, 田沼 順子, 竹田 雄一郎, 大寺 博, 上平 朝子, 小島 勇貴, 永井 宏和, 四本 美保子, 瀬戸口 靖弘, 岡田 誠治.
    HIV感染者に合併した肺がんの多施設調査.
    第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京, 4月, 2015.
  6. 立花 暉夫, 上甲 剛, 萩原 弘一, 中島 重徳, 石田 直, 泉 信有, 蝶名林 直彦.
    日本の肺胞微石症, 剖検例からみた肺胞微石症の特徴.
    第55回日本呼吸器学会学術講演会. 東京, 4月, 2015.
  7. 長原 慶典, 森野 英里子, 高崎 仁, 塩沢 綾子, 武藤 義和, 三好 嗣臣, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    結核診断における胃液検査の現状とその有用性についての検討.
    第89回日本感染症学会総会. 京都, 4月, 2015.
  8. 武藤 義和, 長原 慶典, 森野 英里子, 高崎 仁, 藤谷 好弘, 大曲 貴夫.
    当院に入院後に診断された肺結核症についての臨床的特徴とその対策についての検討.
    第89回日本感染症学会総会. 京都, 4月, 2015.
  9. 松原 直子, 塩沢 綾子, 飯倉 元保, 路 昭暉, 髙澤 郁夫, 森野 英里子, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 高崎 仁, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    重症持続型気管支喘息患者に対し気管支サーモプラスティを施行した一例.
    第214回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 5月, 2015.
  10. 放生 雅章, 飯倉 元保, 平嶋 純子, 泉 信有, 杉山 温人.
    重症難治性喘息の治療 成人重症喘息患者におけるTiotropium bromideの末梢気道障害への効果に関する検討.
    第64回日本アレルギー学会学術大会. 東京, 5月, 2015.
  11. 飯倉 元保, 平嶋 純子, 放生 雅章, 杉山 温人.
    アナフィラキシー患者における呼気NO測定の試み.
    第64回日本アレルギー学会学術大会. 東京, 5月, 2015.
  12. 山崎 由里子, 山本 章太, 鈴木 学, 工藤 綾子, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    急激な血清Na濃度上昇にも関わらず、浸透圧性脱髄症候群を来さなかった低Na血症の1例.
    第615回日本内科学会関東地方会. 東京, 6月, 2015.
  13. 塩沢 綾子, 石井 聡, 橋本 理生, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    局所麻酔下胸腔鏡の手技過程における難易度の評価.
    第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 東京, 6月, 2015.
  14. 小林 このみ, 鈴木 学, 塩沢 綾子, 鈴木 英里子, 髙澤 郁夫, 山本 章太, 保坂 悠介, 田村 休応, 正木 晴奈, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 佐藤 輝彦, 飯倉 元保, 泉 信有, 岡本 竜哉, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    COPD急性増悪の治療に難渋した重症若年性肺気腫の一例.
    第215回呼吸器学会関東地方会. 東京, 7月, 2015.
  15. 宮脇 太一, 竹田 雄一郎, 正木 晴奈, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    Talcの有効性を含めた癌性胸膜炎に対しての胸膜癒着療法の検討.
    第13回日本臨床腫瘍学会学術集会. 札幌, 7月, 2015.
  16. 正木 晴奈, 竹田 雄一郎, 宮脇 太一, 仲 剛, 飯倉 元保, 放生 雅章, 杉山 温人.
    Best supportive care(BSC)となった非小細胞肺癌(NSCLC)患者の予後因子の検討.
    第13回日本臨床腫瘍学会学術集会. 札幌, 7月, 2015.
  17. 放生 雅章.
    環境アレルギーから見たOne Airway One Disease.
    第46回日本職業・環境アレルギー学会. 東京, 7月, 2015.
  18. 髙澤 郁夫, 石井 聡, 飯倉 元保, 砂田 啓英也, 鈴木 知之, 山本 章太, 橋本 理生, 鈴木 学, 仲 剛, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    重症持続型気管支喘息患者に対して気管支サーモプラスティを施行した1例 -3次元CT気道解析ソフトウェアを用いた検討- .
    第154回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会. 東京, 9月, 2015.
  19. 砂田 啓英也, 石井 聡, 鈴木 知之, 橋本 理生, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    精巣鞘膜原発悪性中皮腫の1例.
    第154回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会. 東京, 9月, 2015.
  20. 小林 このみ, 高崎 仁, 川本 浩徳, 坂本 慶太, 鈴木 知之, 塩沢 綾子, 鈴木 英里子, 髙澤 郁夫, 山本 章太, 長原 慶典, 橋本 理生, 森野 英里子, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    感染部位が同定できなかったM.abscessus 症の一例.
    第168回日本結核病学会関東支部学会・第216回日本呼吸器学会関東地方会合同学会. 群馬, 9月, 2015.
  21. 遊木 一成, 松下 祐紀, 橋本 理生, 鈴木 学, 泉 信有, 山本 章太, 髙澤 郁夫, 鈴木 英里子, 塩沢 綾子, 小林 このみ, 長原 慶典, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 佐藤 輝彦, 飯倉 元保, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人, 武村 民子.
    自己免疫性膵炎を背景に周囲にスリガラス影を伴う結節影をみとめた 1 例.
    第168回日本結核病学会関東支部学会・第216回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会. 群馬, 9月, 2015.
  22. 杉山 温人.
    気管支サーモプラスティの実際.
    第25回国際喘息学会日本・北アジア部会総会. 横浜, 9月, 2015.
  23. 藁谷 陽子, 山本 章太, 金井 重儀, 柳澤 雄太, 藤井 和代, 佐藤 輝彦.
    皮膚・肺・リンパ節病変を有する多中心性キャッスルマン病の 1 例.
    第217回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 11月, 2015.
  24. 渡邉 彩香, 鈴木 学, 川本 浩徳, 小林 このみ, 山本 章太, 長原 慶典, 篠原 浩, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    緩下剤誤嚥による右中間幹気管支の急性閉塞から重篤な急性呼吸不全に陥った一例.
    第217回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 11月, 2015.
  25. 砂田 啓英也, 鈴木 英里子, 森野 英里子, 小林 このみ, 塩沢 綾子, 山本 章太, 橋本 理生, 長原 慶典, 石井 聡, 鈴木 学, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    気管支鏡検査後に肺化膿症を合併した1例.
    第217回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 11月, 2015.
  26. 仲 剛, 竹田 雄一郎, 高澤 郁夫, 石井 聡, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院における非小細胞肺癌に対するweekly nab-PTX+CBDCA併用療法の検討.
    第56回日本肺癌学会学術集会. 横浜, 11月, 2015.
  27. 平野 聡, 仲 剛, 竹田 雄一郎, 飯倉 元保, 柳沢 麻子, 巴山 紀子, 天野 寛之, 中村 純, 中村 祐之, 多部田 弘士, 杉山 温人.
    EGFR遺伝子変異陽性肺腺癌に対するプラチナ併用化学療法後の少量エルロチニブによる維持療法の有効性.
    第56回日本肺癌学会学術集会. 横浜, 11月, 2015.
  28. 横山 琢磨, 片上 信之, 安宅 信二, 吉森 浩三, 各務 博, 竹田 雄一郎, 高瀬 恵一郎, 齋藤 博, 江口 研二.
    非小細胞肺がんに伴うがん悪液質に対するONO-7643第II相試験.
    第56回日本肺癌学会学術集会. 横浜, 11月, 2015.
  29. 緒方 佑莉, 小林 このみ, 鈴木 学, 山本 章太, 塩沢 綾子, 鈴木 英里子, 放生 雅章, 杉山 温人, 岡崎 徹, 池田 長生.
    統合失調症を背景に慢性血栓塞栓性肺高血圧症を発症した女性.
    第620回日本内科学会関東地方会. 東京, 12月, 2015.
  30. 森野 英里子, 佐野 和美, 小川 竜一, 小杉 美裕, 高崎 仁, 杉山 温人, 越前 宏俊.
    結核患者におけるリファンピシンのPopulation Pharmacokinetics(PPK)および肝障害との関連についての検討.
    第36回臨床薬理学会総会. 東京, 12月, 2015.
  31. 小林 桜子, 川本 浩徳, 鈴木 学, 渡邉 彩香, 坂本 慶太, 鈴木 知之, 小林 このみ, 山本 章太, 塩沢 綾子, 鈴木 英里子, 長原 慶典, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    陳旧性空洞性病変内に菌球様陰影を認め、肺アスペルギローマと鑑別を要した喀血の一例.
    第169回日本結核病学会関東支部学会/第218回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会. 東京, 2月, 2016.
  32. 泉 信有.
    肺内に多発浸潤影を呈した1例.
    第55回新宿Chest Roentgen Conference. 東京, 4月, 2015.
  33. 鈴木 知之, 猪狩 享, 泉 信有.
    亜急性増悪後に緑膿菌性慢性感染を繰り返し、不良な転帰となった1剖検例.
    第6回リウマチ肺研究会. 東京, 5月, 2015.
  34. 森野 英里子.
    A.fumigatus類縁の新種真菌の感染が認められた慢性肉芽腫症の1例.
    第19回新宿肺感染症研究会. 東京, 5月, 2015.
  35. 塩沢 綾子.
    PCPで発症したくすぶり型ATLの1例.
    第56回新宿Chest Roentgen Conference. 東京, 6月, 2015.
  36. 塩沢 綾子, 飯倉 元保, 路 昭暉, 小林 このみ, 石井 聡, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    重症喘息に対し気管支サーモプラスティ治療が奏効した2症例.
    第75回臨床アレルギー研究会. 東京, 7月, 2015.
  37. 高崎 仁.
    日本とくに都市における外国人結核.
    第4回IGRA臨床研究会. 東京, 7月, 2015.
  38. 千野 遥, 森野 英里子.
    慢性肺アスペルギルス症の診断における気管支鏡検査の有用性.
    第31回肺真菌症研究会学術集会. 東京, 7月, 2015.
  39. 飯倉 元保, 放生 雅章, 石井 聡, 泉 信有, 杉山 温人.
    気管支サーモプラスティ施行患者におけるMostGraph-01によるモニタリング.
    第10回MostGraph研究会. 東京, 8月, 2015.
  40. 泉 信有.
    緑膿菌性慢性感染を繰り返し、不良な転帰となった症例.
    第1回RAのIPは気道から?研究会. 東京, 8月, 2015.
  41. 坂本 慶太, 泉 信有.
    肺葉外分画症と診断された縦隔病変にCCAMと考えられる右上葉病変を合併した19歳の1例.
    第60回臨床呼吸器カンファレンス. 東京, 9月, 2015.
  42. 塩沢 綾子, 泉 信有.
    PCP発症で判明したくすぶり型ATLの1例.
    第7回PCP研究会. 東京, 9月, 2015.
  43. 泉 信有.
    両肺底部に多発結節影を呈した1例.
    第58回新宿Chest Roentgen Conference. 東京, 10月, 2015.
  44. 泉 信有.
    上葉優位型肺線維症(pleuroparenchymal fibroelastosis:PPFE)の病理、画像学的特徴とその臨床像.
    第16回東京びまん性肺疾患研究会. 東京, 10月, 2015.
  45. 飯倉 元保, 放生 雅章, 杉山 温人.
    スギ花粉症合併喘息患者におけるスギ舌下免疫療法導入の症例.
    第76回臨床アレルギー研究会. 東京, 11月, 2015.
  46. 塩沢 綾子, 泉 信有.
    多発性の浸潤影を来した1例.
    第25回Young Chest Conference. 東京, 11月, 2015.
  47. 坂本 慶太, 泉 信有.
    血球貪食症候群を併発した急性呼吸不全の1例.
    第5回若手のためのびまん肺勉強会. 大阪, 12月, 2015.
  48. 鈴木 学.
    間質性肺炎急性増悪に対し血液浄化療法(PMX-DHP)が奏功した一例.
    PMX研究会. 東京, 1月, 2016.
  49. 泉 信有.
    急速に空洞性多発結節が出現進行したM.avium症の1例.
    第8回リウマチ肺研究会. 東京, 1月, 2016.
  50. 森野 英里子.
    デンジャーグループ, ハイリスクグループ.
    第1回 国立国際医療研究センター 結核対応講習会. 東京, 3月, 2016.

著書・総説

総説-和文

  1. 放生 雅章.
    動脈硬化とアレルギー.
    アレルギーの臨床. 35(4):1340-1342, 2015.
  2. 杉山 温人.
    【研究の周辺から】リウマチから呼吸器へ.
    呼吸. 34(7):635-636, 2015.
  3. 高澤 郁夫, 杉山 温人.
    【今月の疾患】気管支喘息.
    Medical Practice. 32(10):1566-1567, 2015.
  4. 放生 雅章, 土肥 眞, 福永 興壱, 長瀬 隆英.
    医療連携を考える.
    呼吸. 34(12):1144-1151, 2015.
  5. 高崎 仁.
    呼吸器内科医からみたインフルエンザ.
    日本胸部臨床. 74(12):1300-1312, 2015.
  6. 杉山 温人.
    ガイドラインに基づいた治療戦略と実地診療への活用.
    Medical Practice. 33(2):157, 2016.
  7. 須永 眞司, 杉山 温人, 西尾 誠人, 吉澤 篤人.
    日本から世界への情報発信.
    Medical Practice. 33(2):176-194, 2016. 
  8. 仲 剛, 竹田 雄一郎.
    転移性骨腫瘍-治療法の選択と注意点-.
    Medical Practice. 33(2):225-230, 2016.
  9. 鈴木 英里子, 竹田 雄一郎.
    すりガラス影を呈する小結節影の鑑別診断-上皮内腺癌 adenocarcinoma in situ (AIS)の1例-.
    Medical Practice. 33(2):304-309, 2016.

その他